Kyashリアルカード作り方を画像で徹底解説!2つの本人確認書類を準備しておくとスムーズに作れます

kyashリアルカード作り方を画像で徹底解説!2つの本人確認書類を準備しておくとスムーズに作れます
悩んでいる人

・Kyashリアルカードの作り方を知りたい
・事前に用意しておいたほうがいい物は?
・リアルカードを作るとどんなメリット、デメリットがあるの?

そんな悩みを解決する記事となっています

記事の内容
  • Kyash Cardとは?
  • Kyashリアルカードの作り方
  • 必要な本人確認書類
  • Kyashリアルカードを作るメリット、デメリット
目次

Kyash Cardとは?

Kyash Cardとは?
  • チャージして利用できる、プリペイド式visaカード
  • カードとアプリが連携していて、決済や送金、履歴確認ができる
  • クレジットカード、デビットカードを複数枚リンクさせチャージすることができる
  • 自動チャージ機能がついている
ICチップ(4桁暗証番号)
Visaタッチ決済
 Apple Pay
(QUICPay決済)
Google Pay
(QUICPay決済)
国内利用
海外利用
1回あたりの決済上限30万円
月あたりの決済上限100万円
ポイント還元率
※一部対象外取引あり
1%
月あたりの
還元対象決済上限
12万円
発行手数料900円
年会費無料
本人確認書類必要

kyashリアルカードの作り方

kyashリアルカードの作り方

作り方を実際の申込み画面を使って解説していきます

必要な本人確認書類

事前に用意しておくといい書類です

いざ作るときに必要な書類が足りないことがないように準備しておきましょう

本人確認書類は2点必要です。1点は顔写真付きの書類が必要です

  • 運転免許証(仮運転免許証を除く)
  • マイナンバーカード(通知カードを除く)
  • パスポート(日本国政府発行のもの)
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 各種健康保険証(住所記載のものに限る)

さらに詳しく知りたい方は公式サイト本人確認にご利用いただける書類についてをご覧ください

申し込み方法

5分で完了できます!

STEP
アプリをインストール
Kyash(キャッシュ) - アプリと連動するVisaカード
Kyash(キャッシュ) – アプリと連動するVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ
STEP
発行手数料¥900をチャージ

申込みの際、¥900をチャージする必要があります

クレジットカードまたは、デビットカードを準備しておきましょう

※プリペイドカードでチャージはできないようです

STEP
本人確認書類をアップロード
注意点
  • 1つは顔写真付きの書類を用意しよう
  • 本人確認書類はどちらも現住所が書いてあることを確認
STEP
本人確認情報を登録
必要な本人確認情報
  • 生年月日
  • 職業
  • 利用目的
  • 名前
STEP
カード暗証番号(PIN)の設定
カード暗証番号(PIN)の設定

カード暗証番号(PIN)とは?

お支払いの際に入力する4桁の暗証番号です

注意点
  • 発行後の暗証番号の変更はできません
  • 発行後の暗証番号の確認もできません

忘れないように紙などにメモしておいたほうがいいです

どうしても忘れてしまった場合、発行手数料¥900払い再発行になります

Kyashリアルカードを作るメリット、デメリット

kyashリアルカードを作るメリット、デメリット

メリット

  • ポイント還元率1%
  • ICチップ搭載でサインレス、タッチ決済可能(visaタッチ、QUICK pay)
  • アプリでカードをロックできる
  • カード表面にカード情報が書かれていかない

Kyash Cardを作ることで、今まで使っているクレジット/デビットカードの還元率にプラス1%追加できます

ちなみに、私はチャージするのに楽天クレジットカードを登録していて

Kyash Card 1%+楽天クレジットカード1%=2%のポイント還元率に出来ています

セキュリティ面でもカード表面にカード情報が書かれていなかったり、アプリでカード使用をロックできたりして安心して使えます

デメリット

  • 発行手数料が¥900かかる
  • 有効期限は5年、更新するときにも手数料¥900を払い再発行しないといけない
  • JCBブランドは登録できない(visa,mastercardはok)
  • オンラインでの買い物で登録、使えない店がある
オンラインで利用できない支払い
  • 月額、継続契約の利用料金
  • ガソリンスタンド
  • 高速道路通行料金(有人ブース)
  • 一部の航空会社、また機内販売(オフライン)
  • 一部ホテル(ホテル内施設を含む)
  • 各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い、nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ など

google pay 、apple pay でQUICpayに登録するとQUICpay+加盟店で利用可能になります

まとめ

申し込みは、簡単です

発行手数料が900円かかるのがネックになるところです

通常のクレジット/デビットカードをKyash Cardに登録するだけでプラス1%の還元率にすることができます

申し込みはアプリからできます

Kyash(キャッシュ) - アプリと連動するVisaカード
Kyash(キャッシュ) – アプリと連動するVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる