ロジクール「K275」レビューコスパ最強なワイヤレスキーボード

ロジクール「K275」レビューコスパ最強なワイヤレスキーボード
悩んでいる人

安くてそれなりにいいワイヤレスキーボードが欲しいな

こんな悩みを解決する記事となっています

今回は、安くてコスパのいいワイヤレスキーボードのロジクール「K275」レビューしていきます

K275はこんな人におすすめ
  • ワイヤレスキーボード
  • とにかく安さ重視
  • よくわからないメーカーのキーボードを使いたくない
  • 電池持ちのいいワイヤレスキーボードがほしい
目次

ロジクール「K275」の外観と付属品

まずは本体

重さが約470グラムでテンキーが付いている、フルサイズキーボードです

ロジクール「K275」本体

公式サイトでは色がブラックと書かれていますが、グレーに近い色になっています

上部には青いボタンのホットキーが並んでいます

ロジクール「K275」ホットキー

左から

  • 再生/一時停止
  • ミュート
  • ボリュームダウン
  • ボリュームアップ
  • インターネット
  • Eメール
  • スリープ
  • 電卓

背面は、角度調節できるスタンド(8°)が付いています

1段階しか調節出来ませんが、角度をつけたい人にはありがたい

ロジクール「K275」角度調整スタンド

また、USBレシーバーをなくさないように収納できるところもあります

ロジクール「K275」USBレシーバー収納場所

付属品です

  • Unifyingレシーバー
  • 単四形乾電池×2装着済み
  • 取扱説明書
  • 保証規定
  • 保証書

ロジクール「K275」安さ重視のワイヤレスキーボード

  • 安さ
  • ワイヤレスキーボード

以上の2点を中心に探したところロジクール「K275」に行き着きました

価格は、千円台と安く電池持ちもかなりいいです

2年電池交換不要と公式サイトでは書いてありますが、実際はわかりません

1日数時間程度使用のわたしの使い方では、購入して約1年電池交換はしていません

ロジクール「K275」Unifying対応製品と相性がいい

ロジクール「K275」はUnifying対応製品です

簡単に説明すると、Unifying対応製品は1つのレシーバーで最大6つのデバイスに接続出来ます

USBレシーバーにはオレンジ色のマークがついています

ロジクール「K275」Unifying対応マーク

ちなみに、Unifying対応USBレシーバーは単体で買うと1200円とかなり高いです

もっと詳しくUnifyingについて知りたい方はこちらから

パソコンを使っていて1度は経験ある、USBボートが足りないという悩みを解決できます

Unifying対応のデバイスを載せておきます

マウス キーボード マウス&キーボード(セット)

ロジクール「K275」のここがイマイチ

私が実際に使用してイマイチだったところです

  • 打鍵感
  • 大きさ

打鍵感は安いだけあって正直悪いです

タイピングをしていると、音がカチャカチャと鳴り少し気になります

打鍵感などキーボードにこだわりのある人は購入をおすすめしません

安さ、無線の面では文句はありませんがフルサイズキーボードなので大きいです

デスクが小さい方、コンパクトなキーボードが欲しい方には不向きです

まとめ

安くてコスパのいいワイヤレスキーボード、ロジクール「K275」をレビューしてきました

K275はこんな人におすすめ
  • ワイヤレスキーボード
  • とにかく安さ重視
  • よくわからないメーカーのキーボードを使いたくない
  • 電池持ちのいいワイヤレスキーボードがほしい
K275をおすすめ出来ない人
  • 打鍵感などキーボードにこだわりのある人
  • デスクが小さい、コンパクトなキーボードが欲しい人

USBポートが埋まりがちな方は、Unifying対応製品で揃えることでUSBレシーバーが1つで済みます

フルサイズキーボードとサイズは大きいですが、価格が千円台でとても安くコスパのいいキーボードです

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる